本日発売のイブニング18号の表紙をめくった冒頭の1ページ。

e0101.jpg

前回告知しました、僕の妻――森和美『エシカルンテ』が、ここから始まります。


さて内容を、ちょこっとだけ説明しますと、

主人公は数え年で11歳のふたりの少女です。

戦争と心の傷から色々なものを失った少女・中原千鶴と、
chiduru.jpg

彼女の前に現れたもう一人の少女・木村静子、
shizuko.jpg

ふたりの出会いから物語は始まります。

第二次世界大戦終戦から数年後の、北海道のとある農村を舞台に繰り広げられるファンタジー作品です。


彼女に初めてこの作品の第1話のネーム(漫画の下書きのさらに下書き)を見せてもらったのは、昨年秋。

冒頭の詩に、自分でも驚くほどいきなり涙が込み上げてしまい、妻にもビックリされたのを憶えています。

ひとりの漫画好きとして(夫としての感慨深さもありますが、それを抜きにしても)、儚さと強さを併せ持つ、この詩から始まる物語をとても楽しみにしています。


空を渡る鳥の歌声に

野を駆ける犬の遠吠えに

種を運ぶ風の囁きに

わたしはあなたを知る


これはほんの一瞬のおはなし

神さまがこの島をつくって

いきものが生まれて

星がちらちら瞬いた

いくつかの戦いが過ぎ去った

焼け跡のわらびを味わって

人はまた野を耕した 家を建てた


みんなほんの一瞬のできごと




ひとりでも多くの方がこの作品に触れて下さるのを、今はただただ願うばかりです。

イブニング18号は本日発売です。ご興味を持って下さった方は、ぜひ最寄の書店・コンビニ等で。