上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年は戦後70年ということで、テレビなんかでは日に日に戦争の話題が多くなってますね。

出版業界でもやはり、戦争に関する本がたくさん出るようです。

そんな中ある企画に声をかけて頂きました。

漫画で読む「戦争という時代」
8月10日(月)発売 定価880円(税込)
senso1.jpg
写真は白泉社ヤングアニマル誌面の広告です。
いろんな漫画家さんの戦争をテーマにした読み切り作品を集めたムック本ですね。

戦後70年ということは、当時戦場に行った若者たちは現在すでに90歳代。
当たり前のことですが、僕自身は戦争を知りません。両親ですら戦後の生まれです。

そんな戦争から遠い世代の自分が戦争を描くことに、怖さや引け目を感じないわけではありませんが、
描きたい気持ちの方が勝り、僕も参加させて頂きました。

現代を生きている僕たちが、学校に行ったり、社会に出て働いたり、それがまず当たり前のこととなっているように、
戦争に行くことが当たり前だった時代。

44ページの読み切りの中に僕なりに、
戦地で生きた若者たちの生と死を描きました。

タイトルは
『ペリリュー玉砕のあと』です。

田丸立ち姿

また、今回の読み切りは、『玉砕の島々』『写真で見るペリリューの戦い』などの著者である太平洋戦争研究会の平塚柾緒さんに監修をして頂きました。
太平洋戦争研究会はこのムック本全体の監修もされてます。

この読み切りを描き進めながら、発行元の白泉社ヤングアニマル編集部の皆さんにもお世話になりました。
立ち読みではなく、ぜひぜひ購入して読んで頂ければと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。